みんなで小桜クマネコの同人を読もう
  • HOME >
  • 三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の

三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の

三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がブックライブコミックでリリースされる。
手塩にかけたとは室町時代の食膳に添えられた塩のこと。不浄なものを祓うためにあったものだが、塩加減をアジャストするためにも使われた。
そこから人任せにしないで面倒をみることを手塩にかけるというようになった。
同人誌とは明治時代初期に等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人雑誌を作っていた。
同人=エロという意味はない。どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロがとても人気があるからです。

ちなみに月に1冊出して500部前後販売出来たら食うには困らないレベルのようです。サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミックがおすすめ。先行で読めるから。

ブッコミでは初月の利用料が無料。行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。
コラボしているイラストレーターは煙ハク(発煙器官)。チンジャオ娘のエロ漫画が大ヒットする訳はエッチに興味なさそうな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。



「神の乳母〜異形に奪われた妻〜」みたいなエログロな作品もたまにあります。

サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。森田タカシ。
男子学生でいまだに童貞。



母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。森田惠利、タカシの母。髪がボサボサで女子力なし。

エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。

それはタカシの母親だった。サキュバスとはセックスを通じて男性を誘惑するために女性の姿をした形で夢に出現する架空の存在である。

男性型はインキュバスと言われている。エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。エンガワ卓の絵はムチムチした巨乳の女性。サキュバス呼んだらに現れる母も巨乳でムチムチ。チンジャオと一緒に作った作品は姉はヤンママ授乳中in熱海がある。

チンジャオガールとエンガワ卓のコラボ同人誌サキュバス呼んだら母が来た!? 発売は来年予定!3か月間オナニーを禁止したら呪文を口ずさむとサキュバスが現れる。



そのことを知った男子学生のタカシは頑張ってオナニーを我慢。呼んだサキュバスは母親だった。
小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラストを描いている。小食を装ったOLを愛している。
チンジャオガールとの共作ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、食べまくってぽっちゃりになり、ただの太った女の子になっていた。いじめっこ女子と無人島に漂流したら ではむっちりの女子高生だった。

関連記事はコチラ

メニュー